FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつの区切りがついたわけだけれども時代は巡るなんて 
色々逡巡して、考えている、そんな秋になりかけの夜長です。

8月31日は、ひとつの区切りになったのでした。ビリヤードと映画、カレーライス。もうたぶん、あなたに会ってはいけないのだろうと思うし、会わないことが誠意なのだと思う。ほんとうにありがとう。そして、この先のことはどうあってもお互い違う道をすすんでいくのだろうね。
二年前に決意したことだけれど、実行に移すのに二年もかかりました。
もう頼っちゃいけないし、だんだん離れていかなければならない。
どこか気が合わなくて、ああ、一緒には居られないのだなと確信に至っている。
もし、報告したら形だけでも喜んで見せるのだろうか、言葉通り幸せになることは貴方の幸せなんだろうか。
それとも、そんなのは建前で、大変にショックを受けて孤独を感じながら小田和正を聴いたりするんだろうか。
もう慮ってあげられないけど、大切であることは変わりない、
けれどもそのことを伝えようとすると、貴方はまた苦しんでしまうのかもしれないね。



結婚のこともね、結局そんな簡単に決められないんだと思ったよ。
浮かれていたけれど、共同体として生活していけるのかどうか、それが重要なことなんだ。お金もかかるし、メリットはない。これからは携帯料金も、保険も、一緒の名義になる。けど、責任持てるのか?と訊かれるとまだ覚悟がないように思う。他人任せな気がしなくもない。
既婚だと民間に就職しづらいとか、差別もある。きちんと自分でやりくりできるのか?長い目で見た時にうまくやっていけるのか?
今までのひとたちにくらべたら、はるかにはるかに現実的ではあると思う。
無理だとは思わないけれど、時期尚早とも思わないけれど、なんだか非現実的であることは否めない。
その辺、きちんと話し合いたい。
もちろん、進退が決まってからだけれど。今は浮かれているのかもしれないのがほんとうにこわいんだよ。


たくさん言いたいことがあるし、忘れている言葉もあるのに、浮かんでは消え、浮かんでは消えてしまうね。
とりあえず、生活費をきちんと把握することから始めよう。

センセイの鞄を読みました。
「ツキコさんは良い子ですね」と頭を撫でてくれるセンセイが、なんだか色んな人と重なってしまって泣けた。
最初の頃はほんとうにおっかなびっくりだったし、色んなことがうれしかった。
だんだん尊敬しなくなってしまうんだろうか。
そんなのはとても嫌だ。
お互いを尊敬し合っていれば、ずっと良い関係で居られると思うし、それを忘れたくないと思う。

二年前の冬と同じように、いろんなことが時間の経過とともにのたのた過ぎて行くのを、ただやり過ごしているだけの毎日のように思えて、とても受け身だし歯痒い。
もちろん勉強をしなくてはいけないのだけど。
はやく核心に近づいていかなくてはならない。
そもそも、一年後にはまた就活なのだし、だらだらしている時間はないはずなんだよ。
研究しなくては、やりたいことに学術的なラベリングをするんだ。
それに「レイブンクロー」と名前を付けたとしてもね。

いつもいつも言い忘れる言葉たち、
今度は忘れないようにしたい。
たんすの奥底で眠るお洋服たちみたいに、
何があるのか忘れてしまわないようにしたい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://umelamune.blog67.fc2.com/tb.php/476-58b244e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。