FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メリルリンチのワルツ 
春なんだ、春だよ。

すごくさみしくてちょっぴり楽しみなんだ。
桜が咲いて、最後のはじまりを彩って、
でも、そこにはあなたがいないんだよね


長めのスカートを穿くことにします
貴方とならんでも私が子供っぽく見えないように
シンプルな服装して
髪を伸ばして
物は大事に。あなたを見習って。




美味しいスパゲッティを食べながらがらくたみたいな話をしてたんだ。けど、その瞬間が何にも替えがたい想い出なんだよ。
帰り際にキスを求めないことが本当にキレイで硝子玉みたい。かわりに手を握ったんだ。


時間が溶けていく感覚。
トルコの国旗みたいな空。
其処に在ったという目印をつけたいのだけど、砂のように流れていってしまって掴めないの。
一緒に居たいと思ってくれて有り難う。








遠い空に見えるのは同じ月かな。
蜂蜜色したまんまるな月かな。
お花畑の真ん中に蝶々がとまっていたならば、顔をしかめて握りつぶしてしまうのかな?













ああ、いやだな。
また、このかんじ。
二回目の繰り返し。次はない繰り返し。













でも、一回目とは明らかに違うんだ。

















食べられる家畜。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://umelamune.blog67.fc2.com/tb.php/450-60d832dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。